バックナンバー

自動車の凄い情報

  • トップ /
  • 自動車の構造と事故の関連性

MTの自動車は事故が多いのか

多くの自動車保険では加入時に車種によりその掛け金が異なることが多くなっています。その理由は車種により事故を発生させる確率が異なるため、その確率に合わせて掛け金を指定することで不公平感をなくそうとしているためです。同様に年齢層においても差別化している会社が多く、若い世代ほど掛け金が高くなっていたり、高齢者ほど高くなっているという傾向があります。しかし、自動車にはMTとATがあり、MTは若い世代が好むスポーツカーやトラックに多いことから総じて事故の発生件数が多いといわれる面があります。しかし実際は保険の掛け金は同じ車種であればMTもATも同じ場合がほとんどで、これには大きな理由があります。それは実際に事故の発生率が大きくは異ならないためです。MTの大きな特徴はクラッチが存在することです。クラッチを上手に操作することで運転する物であるため、熟練した操作技術が必要になります。そのため常に緊張した状態で運転を行う事が求められるほか、誤った操作をした場合は車が動かないことが多いのです。対してATの自動車はブレーキを離したり、アクセルを踏むだけで車が動くので慎重に捜査を行う事が重要になります。実際軽微な事故はAT者の方が確率的にも高いため、MTとATの間で大きな差を付けることは難しくなっているのです。

↑PAGE TOP